株式会社堀口

愛され続けて70年。地域NO.1の
リフォーム会社を目指すホリグチのホームページです。

0120-32-6638

3度目の緊急事態宣言

令和3年4月25日、4都府県に3度目の「緊急事態宣言」が発令されました。
東京、大阪、京都、そして私たちの兵庫県です。発令初日の人出は日曜日ということもあり、主要駅では前週を20%以上下回ったようです。
しかしながら、26日朝の通勤時にはいつもと変わらない通勤ラッシュの光景がありました。
過去2回の緊急事態宣言時では、政府からの要請で大手企業を中心にテレワーク、大学をはじめとする学校ではオンライン授業が実施されてきました。
そして一時的には感染者が減少し医療体制の逼迫も改善され、その効果も徐々にあらわれました。
しかしそれが3度目の「緊急事態宣言」となれば、政府の指示に従って対応してきた国民にも限界があるようです。
そしてさらに深刻なのが日本経済です。新型コロナウイルス感染拡大してからの1年以上もの間、死活問題を左右するほどの業績が悪化した企業や個人事業主は数えきれないほど・・・・。
昨年11月のブログでも「新型コロナウイルスのワクチン」について書いています。
5か月経過した今でも、やはりワクチン接種のスピードが新型コロナウイルス感染拡大を収束させる鍵だと思います。
菅総理は4月17日のファイザー社CEOとの電話会談で、「国内分のワクチンを9月までに・・・」という要請。
そしてファイザー社CEOから「日本への確実で迅速な供給の協議」の回答を得たようです。
私たちとしては9月までにワクチン接種ができることを祈るだけです。