株式会社堀口

愛され続けて70年。地域NO.1の
リフォーム会社を目指すホリグチのホームページです。

0120-32-6638

家庭の太陽光発電「2019年問題」

家庭の太陽光発電「2019年問題」
一般家庭において、太陽光発電の「固定買取制度」の期間10年間が、2019年11月以降に順次満了をむかえていきます。このことが、太陽光発電の「2019年問題」なのです。
2009年に売電による電力会社の自主買取金額が最も高額な単価で、48円/1kwh(2009年)でしたが、この価格が一気に8円/1kwh(1/8)に減少します。そのため、太陽光発電設備を持っているご家庭では、今後の太陽光発電の認識を変えていく必要があります。
これまでの太陽光発電では、家庭内での電気の使用を少なくし、多くの電気を販売することで、より多くの売電収入を得ることが重要とされてきました。
しかしこれからは、自らの太陽光発電で作った電気を、家庭内で使うという考え方に変わってきました。ニュースで取り上げられています「創エネルギー」の時代なのです。
作った電気は自ら消費し、余った電気は蓄電池に蓄え、夜の時間帯に使うのです。そして、電気の購入を極力少なくしていくのです。
この度、ホリグチでもこの「蓄電池システム」を取扱いしていきます。
ご興味のある方は、ぜひ問合せや見積依頼をお申し付けください。