株式会社堀口

愛され続けて70年。地域NO.1のリフォーム会社を目指すホリグチホームページです。

0120-32-6638

リフォームに掛かる費用

部位別リフォーム価格相場例

リフォームにかかる費用は非常に大きいのですが、業者によって価格が大きく開くことがあります。Web上でも多くの方が「チラシを見ても結局いくらかかるのかわからない」等といった声がよく見られます。そんなお客様の疑問に水まわりリフォームの新和がリフォームにかかる費用の相場をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

※あくまで費用の相場ですので必ずしもこの金額でリフォーム出来るという価格ではございません。工事の内容によっては大きく変動する事もございますのでご注意ください。

お風呂(一戸建て編・マンション編)

目安価格帯
50~150万円
中心価格帯
50万~100万円

お風呂・浴室には、「在来工法」と「ユニットバス」の2種類があります。「在来工法」とはオーダーメイドでお風呂のリフォームをします。「ユニットバス」は規格品を使ったお風呂・浴室のことです。既存のお風呂・浴室がどちらなのか、またリフォームをどちらで行うのかで、リフォームの内容や費用が変わってきます。

お風呂リフォーム価格帯

古いお風呂を解体して新たにスペースをつくる

費用の目安
商品費用約50万円+工事費約50万円=約100万円

築30年以上の住宅によく見られる昔ながらの浴室のつくりかたを在来工法といいます。在来工法のお風呂をシステムバスに変えるには、浴室の床・壁・天井などをすべて解体する必要があります。 その際、お風呂にはよくあることですが湿気の影響で土台などの木部が腐っている場合は補修が必要となります。

その上で、新たにコンクリートを打って、配管を引き直し、システムバスを入れるスペースをつくりお風呂のリフォームを進めていくので工事費は今あるお風呂の傷み具合によっても変動する可能性があります。

お風呂リフォームビフォーアフター

トイレ(一戸建て編・マンション編)

目安価格帯
~50万円
中心価格帯
~50万円

日常的に何度も使うトイレは、清潔でお掃除などのお手入れを簡単にできるように仕上げたい場所です。トイレのリフォームで一番ご要望が多いのは便器の交換です。既存の洋式便器を使って、ウォシュレットやシャワートイレを取り付けるだけなら、機器代と設置費用だけなのでそれほど高くはありません。便器自体を新しいものに交換する場合は、リフォーム費用の多くを便器が占めます。

トイレリフォーム価格帯

便器を最新式ウォシュレットに変更して、内装も落ち着ける空間へリフォーム

費用の目安
商品費用約50万円+工事費約50万円=約100万円

築30年以上の住宅によく見られる昔ながらの浴室のつくりかたを在来工法といいます。在来工法のお風呂をシステムバスに変えるには、浴室の床・壁・天井などをすべて解体する必要があります。 その際、お風呂にはよくあることですが湿気の影響で土台などの木部が腐っている場合は補修が必要となります。

その上で、新たにコンクリートを打って、配管を引き直し、システムバスを入れるスペースをつくりお風呂のリフォームを進めていくので工事費は今あるお風呂の傷み具合によっても変動する可能性があります。

トイレリフォームビフォーアフター

キッチン(一戸建て編・マンション編)

目安価格帯
50万円~200万円
中心価格帯
100万~150万円

水、火、電気、ガス、換気などを全てコントロールしなければならないキッチンは、家の中で最も複雑な機能が集まる場所です。 そのため、キッチンのリフォームは、内容によっては大きな費用が掛かる可能性があります。例えば、キッチンの場所を移動すると、給排水の配管や換気のためのダクトの工事、さらに古いキッチンの撤去や、撤去後の床や壁の補修をしなければならないので、費用は大幅にアップします。

キッチンリフォーム価格帯

壁掛け型のキッチンをシステムキッチンへリフォーム

費用の目安
商品費用約75万円+工事費約35万円=約110万円

現在使用している壁付きキッチンの位置を変えずに新しいシステムキッチンに交換する場合、給排水工事や電気工事の手間が最小限で済むため、工事費用を比較的リーズナブルに抑えることが可能です。反対にキッチンのレイアウトなどを変更したい場合は給排水工事や電気工事がどの程度かかるのか、現状をしっかり調査してもらうことが大切です。

キッチンリフォームビフォーアフター

リフォームにかかるお金の仕組みの話

リフォームする際に見積もりを依頼したら会社によって価格がバラバラ大きく開いているところでは2倍もの差があるという話もあります。何故そのように価格の開きが出るのかをご紹介します。

  • 大手リフォーム会社・工務店
  • ホリグチの場合

このように大手リフォーム会社様や工務店様ではお客様と実際にリフォームをする人間の間にかなりの会社や人が関係する事になり、その間にマージンが発生するため、費用が高くなる事があります。 また、大手リフォーム会社様では広告費用をたくさんかけている場合もありますので、その費用も施工費用に乗っかってしまうこともあります。 リフォームをするときのよくあるトラブルで、現場工事に来ている人間に伝えたことが元請会社にまで伝わっておらず、問題になるということも良く聞きます。 間にたくさんの人間が関係していることで伝達がうまくいっていないということです。

水まわりリフォームの新和では、自社施工を売りにしていますのでこのような心配もありませんし、広告に関しても自分たちの手でお客様のところへお届けしています。

新和は地域のお客様に「信頼を頂く事」をご契約よりも優先に考えております。 費用について色々聞いてみたいというお客様はどんなささいな事でも構いませんので、 一度ご相談下さい。